2017.12.7 診察日

今週の木曜は膠原病内科と

PSCの診察日でした。


ここ一ヶ月、

みぞおちの痛みもなく

比較的平穏に過ごしていた私。

「先生、痛みもなく

楽な一ヶ月でしたよ。」

と報告できるだろうと楽しみにしてた。

それなのに、

なぜか今週に入ってから

お腹の調子が悪くなってきた。

水曜から特に悪くなり

日中はトイレに何度も行き、

夜中には痛みで目が覚める始末。

しかも、何と・・・

血便がぁぁぁ。

ああ、明日は診察日だというのに!!

(※オイオイ、普通は

 明日診察日で良かったと

 思うところでしょ。)


そして木曜、

PSCの先生に血便のことを

言わなければならない、

ですよね・・・やっぱり。

実は「これ、血便??」

という事態は

これまでも何度かあったのですが

「いや~このレベルで大げさな。」

と考えたりして

先生に話したことはないのです。


で、仕方なく話しました。

先生、何やら決断したようで

「やっぱり、ここで

ひとつ、やっとくかな。」

とPCの画面を見つめる。

そこには

大腸ファイバースコープ

の文字が・・・・・。


出た。

大腸カメラ検査です。


以前やってくれた

病棟の主治医は

とても上手で、

痛みなんか全く感じなかった。

同じく、胃カメラも上手だったから

ちょっと軽口を叩きながら

受けたりした。

おそらく、相性も

良かったのかも。


でも、その先生は

転勤してしまった。


さてさて、

どうなることやら。



PSCの診察後

膠原病内科の主治医のところへ。

すると

PCの画面を見ながら

「大腸ファイバースコープかぁ~」

と呟いてる。


「こっち(シェーグレン)の方は

何事もないから、いいよね。

でも、きっとPSCの方も

また、すぐに落ち着くと思うから。」

と意味不明なことを言い始めました。

そして、舌を見て、

レイノー現象がないか見て

また、

「いやー。こっちは

何もなくて良かったね。」

としつこく言う。


先生なりに、

検査、大変だろうな、

と気を使ってくれてるんでしょう。

でも、何度も繰り返されると

かえって疑念を

感じたりしてしまう

素直でない私でした。



aoi’ s Diary

難病、PSCと向き合う日々。