あおい

記事一覧(32)

先生との会話

まだまだ暖かい日が続いています。さて、先週の診察日の話の続き。数年前、突然母に大腸がんが見つかり私と同じ病院の外科で手術してもらいました。その後は内科の私の主治医にフォローをお願いしています。母の付き添いと自分の診察が同時にできるので、楽です。先生は大変そう・・。ごめんね、先生。この前は、まず母の診察から始めて一年に一度の大腸内視鏡検査の予約をしました。母は、大腸内視鏡検査が死ぬほど嫌い。暗い顔をして、同意書にサインしてるので、「先生、母は下剤が憂鬱なんですよ。」と、笑いながら言うと「僕もこの前初めて大腸内視鏡検査しました。はっきり言って、あんなに辛いものだとは思わなかった。」ですって。で、私が「でも、昔は下剤、2リットルだったでしょ?」と聞くと「はい。あおいさんが初めてやった時は2リットルでした。」「1リットルくらい、そう大したことないじゃないですか?」「いやー。あれはきついですよ。大したことない、というあおいさんが変だと思う。」母も、我が意を得たり、という風に深く頷く。「でも、ERCPに比べたら何でも楽に思えます。あの時、麻酔が切れてホントに辛かった。先生に、助けて~~って言ったの覚えてますか?」先生も笑って「助けたくてもあの時は助けるわけにはいかなかった。」そこで、私、間抜けな質問。「先生、ERCPしたことあります?」「いや、ないです。」「そりゃ、そうですよね。」「でも、次に胆管炎起こしたらまた、やりますよ。ステント、入れたくないけど仕方ない。」そして、腫瘍マーカーが少しでも上がればERCPして、組織を取りにいく、とも。そうなのね。今のところ、治療の為にはERCPがらみでやるしか方法がないそうです。その後、新薬の話。先生は、潰瘍性大腸炎から、わかったことも多い、と言われてました。UCの患者に新薬を投与したらその人がPSCも持っていたことが後日判明し、あれ?どちらにも効いてるみたい、ということもあったそうです。ちなみに、その患者さんは長年、PSC持ちだったことに気づかず無症状のまま、過ごしていたそうです。そのまま、大したこともなく人生、過ごしていける方もいるとか。そんな症例もあるんですね。

新薬に期待

先日の診察日、先生からPSCの治療薬ができるかもしれない、という話を聞きました。はじめ、先生は「あと2,3年くらいで」と言われたのですが後ほど、「2,3年はやっぱり無理かな」と訂正されていました。ということは、それほど待たなくても良いのかもしれません。ネットでわかりやすい説明をしている記事がないか探してみたら、見つかりました。まずは、お読み下さい。2018年 治療の大きな進歩が見込まれる6つの難病・希少疾患(2)|DRG海外レポートもうひとつ、ギリアド社のHPのトップから「プレスリリース」→「2018年11月27日」のリンクに飛んでみて下さい。「米国肝臓病学会会議(AASLD THE LIVER MEETING® 2018)にて原発性硬化性胆管炎(PSC)におけるGS-9674の第II相臨床試験で得られた肯定的な結果を発表」とあります。こちらからどうぞ。 ↓ギリアド社ホームページどうやらつい最近、発表された新しい情報だということですね。皆さまも、どうぞ、先生に聞いてみたりして何か他の情報が出てくれば是非、ブログにアップして下さいませ。私もまた、診察の時に情報収集してみます。さてさて、新薬の話が出てきて、気分は何だかもう、難病患者でなくなったような軽い気分になりました。それなのに、昨日の朝6時くらいから久しぶりの激痛に襲われました。ベッドに横になっていたのですがまず、腰にガーンと激痛がきてその後、みぞおちに広がっていくいつもの痛み。右を向いても左を向いても苦しい。それでも、しばらく耐えましたがついに我慢できなくなり、ロキソニンを飲もうと決心。しかし、二階にある私の部屋から階段を降りて下に行くのがこんなに大変なことだとは・・・。必死に手すりにつかまりながら微速前進で階下に降り薬箱を開けるのもまた一苦労。ようやく、ロキソニンを飲んだあとはその場に座り込んで、動けませんでした。恐るべし、強敵、PSC.